いわき市の出張写真撮影

いわき市の出張写真撮影カメラマン依頼予約19,800円〜

こちらのページでは、いわき市での記念写真をプロカメラマンに依頼される方に評価される人気の出張撮影サービスの中から、料金体系や撮影費用、クオリティやカメラマンの対応、利用者の口コミ評判を基にした総合ランキング1位から3位までを紹介しています。いずれも各リンク先の公式サイトにて詳細の確認・お問い合わせができますので参考になさってください。

ベイビースマイル

出張 撮影 いわき市

≪メリット≫
撮影費最安値帯(税込表示・土日UPなし)
納品枚数が多い(平均100枚前後)
納品方法が選べる(メール or DVD-R)
≪デメリット≫
×料金支払い方法が振込のみ
×地域によって予約が取りづらい
×カメラマン指定不可※リピート時は可
出張 撮影 いわき市

 

fotowa(フォトワ)

出張 写真 いわき市

≪メリット≫
撮影カメラマンの指定が可能
スケジュール表で予定が組みやすい
ギフト券の販売がある※有効期限あり
≪デメリット≫
×土日祝日の撮影料金が割高
×電話対応不可(メール連絡のみ)
×人気カメラマンは予約が取りづらい
出張 写真 いわき市

 

出張撮影サービス

出張 カメラマン いわき市

≪メリット≫
東証一部上場企業のグループ会社
四千名のカメラマンネットワーク
事業者向けの撮影実績が豊富
≪デメリット≫
×撮影料金が他サービスに比べ高い
×納品枚数が少ない(30-50枚)
×撮影カメラマンの指定は不可
出張 カメラマン いわき市

 

上記サービスでは、いずれも新生児写真(ニューボーンフォト)、お食い初め(百日祝い)、初節句、お宮参り、ハーフバースデー、ファーストバースデー、お誕生日会、七五三(753)を始め、幼稚園・保育園の入園式・卒園式、運動会、小学校の入学式、ピアノの発表会、ハーフ成人式(1/2成人式)、ハロウィン、クリスマス、ホームパーティー、年賀状、成人式、カップル写真・エンゲージメントフォト、結婚写真・フォトウェディング、マタニティフォト、ポートレート、新居・新築・引越し祝い、還暦祝い・長寿祝い(喜寿・米寿)、生前撮影(遺影写真)、ペットといった家族写真を中心とした撮影が可能です。また、屋外でのロケーションフォト以外にも、ご自宅や飲食店、スタジオなど屋内での撮影にも対応しております。

 

≪地域情報≫

いわき市(いわきし)は、福島県浜通りの南部に位置する市。福島県内で最大の人口および面積を持ち、中核市に指定されている。

 

ロケーションフォト いわき市

 

●概要
福島県浜通りの南部を占める面積の広い市である。古代は石城国造(北部)や道奥菊多国造(南部)の領土であり、平安時代の12世紀から関ヶ原の戦いまでは岩城氏の本拠地として栄えていた。明治から昭和にかけて当時本州最大かつ東京に最も近い炭鉱である常磐炭田の開発で繁栄した歴史を持つ。

 

沿岸工業地帯、漁港、観光都市としての特色が強い。積雪が珍しいほどに一年中温暖であり、日本のハワイと称され、リゾート施設スパリゾートハワイアンズおよびフラガールを核にハワイ色を強く出した観光イメージで成功を収めている。その他にアクアマリンふくしま、いわき湯本温泉などの観光資源を持っており、観光交流人口は県内第1位である。東京都心からはおよそ180km。県庁所在地の福島市からいわき市はおよそ80km圏内に位置する。

 

●地理
福島県の東南に位置し、太平洋に面した60kmに渡る海岸線に、10箇所の海水浴場と小名浜港を初めとする11箇所の港を持つ。また、南は茨城県と接している。市の面積は広大だが、常磐道から西側は阿武隈高地の山間部であり、残る東側も丘陵地が多く、市街地と市街地が丘陵によって分断されて連続性がないのが特徴である。面積に対する可住地面積の割合は27.7%と、県内の市の中では最も低い。JR常磐線では、トンネルと市街地が交互に現れる。

 

東北地方内では年間日照時間が最も長く、1日の平均気温が最も高い。沿岸部のため冬は内陸部よりも冷えにくく、夏は内陸部よりも暑くなりにくく、年間の寒暖の差が小さい。また冬は日本海側から流れる雪雲が越後山脈、奥羽山脈、阿武隈高地に遮られるため、山間部を除いて雪はほとんど降らず、乾燥した快晴の日が多い。平均積雪量は東北地方の中では極端に少なく、数年に1度積もる程度、東京や名古屋などとほぼ同じ値となっているため、東北地方にありながら、市民は雪に慣れていない。

 

平県、磐前県を経て、最終的に1876年に福島県に組み込まれたものの、歴史的には陸前浜街道を介して(現在の)茨城県との繋がりが深かったため、方言や習慣は同じ福島県よりも茨城県に近い。明治維新以後も、常磐線や常磐自動車道などの交通網が茨城側から順に整備されたため、阿武隈高地を超えた中通りよりも、茨城県との交流が近密であった。1995年に磐越自動車道で福島県中エリアと結ばれ、中通りや会津地方との交流も活発になってきている。

 

●歴史
明治初期より本州最大かつ東京に最も近い炭鉱である常磐炭田の開発が始まり、当地の主幹産業として人口増に寄与した。オリンピック景気(1962年11月〜1964年10月)の中、当地が新産業都市に内定するとその1週間後には新産業都市建設促進法第23条に則って、平市(旧城下町・商業中心)、磐城市(小名浜港)、勿来市(勿来の関公園)、常磐市(湯本温泉)、内郷市(常磐炭田)の5市を中心に旧石城郡の全域(5市3町4村)と双葉郡の2町村(久之浜町・大久村)の計14自治体による合併促進が決議され、1966年(昭和41年)に対等合併によりいわき市が発足した。

 

高度経済成長期に石油へのエネルギー革命が進み、当地の石炭産業は衰退していくことになるが、この新産業都市指定と首都圏から近い地の利を生かし工業都市として発展、東北2位の工業製造品出荷額となっている(2012年度:約8329億円)。一方、観光都市として脱皮する事にも成功し、東北地方で最も集客力のあるリゾート施設スパリゾートハワイアンズを筆頭に、アクアマリンふくしま、いわき湯本温泉など多彩な観光資源を持っており、2013年度(平成25年度)の市内観光交流人口は県内第1位の年間約788万人である。

 

●地域圏
人口は福島県内2位で、面積(1,231.34m2)は県内最大。市街地・人口集中地区は平、四倉、小名浜、勿来、常磐などの地区に分散しており、単体の市で多極分散型となっているが、市街地と商工業地区への集約、山間部の過疎が目立つ。

 

地理的・歴史的背景から、湯本傾城(ゆもとけいせい)を境にして大きく北半分(概ね旧磐前郡。内郷〜末続)と南半分(概ね旧菊多郡。勿来〜湯本)に二分される。比較的大きな市街地は、行政・商業・陸上交通の中心で、城下町から発展し、いわき市中心部の平(いわき駅・磐城平城周辺)と、工業・海上交通の中心で、港町から発展した小名浜(小名浜港周辺)、このほか常磐線駅周辺に市街地が形成されているが、いわきニュータウンを初めとする大規模開発住宅地もある。

 

主に南関東への青年層の流出(大学就学、就職)と、生活環境に富むことを背景とするUターン、Iターンが拮抗しながらも、1998年をピークに緩やかな人口減少傾向にある。

 

●観光
観光都市として脱皮する事にも成功。いわき市は東日本でありながら一年中、比較的に温暖な気候を活かし日本のハワイとして観光イメージアップを図り、東北地方で最も集客力のあるリゾート施設スパリゾートハワイアンズで成功を収める。そのほかにアクアマリンふくしま、いわき湯本温泉など多彩な観光資源を持っており、2013年度(平成25年度)の市内観光交流人口は県内第1位の年間約788万人である。